読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげんで過ごしたい

2歳差兄妹に振り回されている日々。あな吉手帳術や読んだ本を活かしていきたい。

【スポンサーリンク】

生活と一緒に手帳も荒れてます(;'∀')

夫が繁忙期に入り、子どもたちが寝てから帰ってくるようになりました。

また、上の子が春休みに入ったので1日中一緒にいます。

 

上の子は相変わらず野菜を嫌がり、何を作ろうかいつも悩んでいます。

 

去年の夏も同じ状況だったのですが、前ほどストレス値が高くないかも…。

これはあな吉手帳術マスター講座のおかげかな?(*'ω'*)

と、効果を感じて嬉しくなっています♪

 

ずぼらな私でも講座代が無駄になってないわー(∩´∀`)∩

 

基本的な

  • 毎日手帳ミーティングする
  • 思いついたことを何でもフセンに書く

というのが、しっかりできていないんですが…(お恥ずかしい)

それでも大分ストレスが楽になりました♪

 

悩んで同じことをグルグル考えなくなってきた

今一番の悩みは「上の子が野菜を食べないこと」です。

餃子の皮に包んでも、肉まんに入れても、カレーに入れても食べません(;'∀')

 

粉に練りこんでしまえば何とか食べてくれます。

それでも気分によるので、手の込んだものは作れません。

 

なので、簡単にできるゆるベジ料理の「小松菜すいとん」や「ごぼうチェロス」を作ったりしてました。

 

粉ものを作っていくと別の悩みも出てきます。

 『小麦粉は大丈夫なんだろうか?』

『揚げ物が増えてるが大丈夫なんだろうか?』

 

上の子がアレルギー体質でアトピーもあるのかよく痒がるのです。

グルテンフリーとか流行っていますし、アトピーに小麦粉は良くないと聞きます。

 

『毎朝のフルーツとヨーグルトもどうなんだろ?乳製品だめ?』

『粉に練りこむと炭水化物多すぎ?糖質過多ってイヤイヤを増長させるとか…』

『子どもの発達にタンパク質がもっと必要かな?身長も伸びてほしいし…』

『アレルギーの原因は未消化のタンパク質なら、食べ過ぎ良くないよね』

どんどん芋づる式で悩みが増えていきました。

 

粉に練りこむのも揚げ物も不安になってきて

『野菜ジュース作るために低速ジューサーほしいな』

『蒸し料理やりたいから蒸籠欲しいな』

 

それでも確実に食べるのは粉に練りこんだ料理なので

『野菜練りこんでワッフル作るためにビタントニオほしいな』

と物欲もどんどん出てきました。

 

【物欲=渇望感のあらわれ】

とあな吉さんが言っていたのが身をもって分かります(;・∀・)

 

自分なりにセルカンで悩みを細分化

まずは野菜不足を補えそうな、低速ジューサー。

そもそも上の子が飲まないとしょうがないので、まず野菜ジュースを買ってみることにしました。

これを夫にお願いして注文しました。

 

小麦粉は…地粉や米粉などで代用できるものは代用。

地粉はグルテンフリーじゃないですが、輸入小麦粉よりはいいかなと。

グルテンそのものがそこまで悪いのかな?と思っているので。

 

実際ゆるべじレシピで

  • 玉ねぎのゴマ塩クッキー
  • ごぼうチェロス
  • 小松菜ボール、小松菜すいとん
  • 野菜のミートボール風

を地粉(↓)で作りましたが、クッキーはパンっぽい仕上がりになりましたがおいしく食べれました☆

 

 

揚げ物と一緒に頻度を週1~2回に。

 

集めた料理レシピ総点検

作れそうなものは分けてまとめました。

 

 

まだまだ悩みは解決してないですが、こうして1つずつ消化していくだけでも気持ちが軽くなってきています。

 

料理時間が減ってきました。

まとめて茹でれないか、フードプロセッサーにかけれるか考えるだけでも時間短縮になっています。

子どもを寝かしつけるときに一緒に寝ても、野菜中心の一汁二菜のご飯の心配はないぐらいにはε-(´∀`*)

 

新しい料理に挑戦する精神的余裕もできました。

そのおかげか食費が1万円ほど下がりました♪

 

おやつも作ったり見た目もよくしてレベルアップしていきたいです。

 

荒れても戻せる安心感

手元にフセンがないので、スマホのGoogle Keepでメモしたり、気になった記事をブラウザのタブページを開きっぱなしにしてメモ代わりには未だにしています。

 

それでもマスター講座で習ったことを振り返りながら、自分の時間がとれた時にメモやブラウザのページを見返して、自分の行動にうつすもの、情報としてとっておきたいだけのものなど分けていくと、ごちゃごちゃした頭の中がすっきりしていきます。

 

家事や育児で1日が終わってしまう…って悩んでいたのは去年の夏と同じだったのに、こうしてブログを書く時間もとれるようになったのが嬉しいです。